読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予備校に行かなくても1日5分の勉強で偏差値が変わり、最終的にMARCHに合格した㊙︎メソッド

偏差値40からMARCHに合格した勉強法をブログで話しています。落ちこぼれが勝つための戦い方をお伝えします。

大学受験で勉強しなかった大半の人々の未来は悲惨だよ・・・

予備校なしでも英語・国語・世界史の偏差値が上がるMARCH以上合格メソッド【GLORIA】を受け取る方はこちら

 

 

 

 

今日は大学受験でやってきた世界史の勉強が

現在役に立っている一例をご紹介します。

 

 

私はニュースで人工知能(AI)に関することを

毎日チェックしています。

 

 

人工知能によって医療がさらに進んだり、

将棋や囲碁のトップ棋士を倒したり・・・

 

 

ものすごくテクノロジーが発展しています。

 

 

機械(テクノロジー)の導入をしたのは、

イギリスの第一次産業革命の時です。

 

 

これによって今まで人がやってきた仕事が

機械によって失業者が増えました。

 

 

これによって仕事が効率よく進み、

人件費を削減することができました。

 

 

その後、機械の導入によって失業者による

ラダイト運動」が起こりましたね。

 

 

要するに何が言いたいかというと、

人工知能というテクノロジーの出現により、

第一次産業革命と同様に失業者がこれから出てくることは

不可避ということです。

 

 

こうした歴史の変遷を理解できるようになると、

大学受験でやったことが役立っていることが

分かります。

 

 

だから勉強しないとマジで後悔するってことを

高校生の自分に伝える意味で書きました。